おんな城主 直虎:第48回「信長、浜松来たいってよ」 家康の命で万千代も奔走!信長を全力おもてなし!


1: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:31:46.45

 おんな城主 直虎:第48回「信長、浜松来たいってよ」 家康の命で万千代も奔走! 信長を全力“おもてなし”!! 

 女優の柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第48回「信長、浜松来たいってよ」が3日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。
信長(市川海老蔵さん)が駿河・遠江の名所を「観光したい」と言い出し、徳川家は大騒ぎとなる。
家康(阿部サダヲさん)の号令の下、万千代(菅田将暉さん)ら家臣は、信長からあらぬ言いがかりをつけられないよう万全を期して準備を進めるが……。

 武田家の滅亡で念願の駿河を手に入れた家康に、信長は、甲斐からの戻りがてら富士山など駿河・遠江の名所を「観光したい」と申し付ける。
知らせを聞いた万千代は、信長をもてなすため奔走することになり、徳川家に仕官したばかりの直之(矢本悠馬さん)と六左衛門(田中美央さん)も早速、駆り出される。
一方、井伊谷(いいのや)では、龍潭寺の井戸端で謎の迷子が見つかる。直虎(柴咲さん)はその子を保護し、身元を調べようとする。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。
幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母に当たる主人公・直虎が男の名で家督を継承。
今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら生き延びていく物語。

 第47回「決戦は高天神」では、嫡男の信康(平埜生成さん)と正室の瀬名(菜々緒さん)を失った家康は、失意のどん底から立ち上がり、駿河奪取に動き出す。
結束を強める徳川勢の一員として、武田勢が籠城(ろうじょう)を続ける高天神城攻めに加わった万千代は、城への水を断ち切ることを思い付くと、井伊谷から戦に加わっていた直之と六左衛門が“救世主”となる……という展開だった。


NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第48回の一場面 (C)NHK



 
2017年12月03日 ※以下、未放送の内容を含みます。


3: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:33:56.59

で、直虎が天下を取るのは何話目?\(°∀°)/


9: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:38:51.44

>>3
直虎「(万千代を介して)家康はわしが育てた)」
という話だから、最終回になっても天下はとりません


5: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:36:11.93

タイトルふざけすぎだろ


6: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:36:29.03

これまでもサブタイは変なのが多かったが、今回は格別に変w


10: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:39:05.69

海老蔵の信長が激しくキモい


12: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:40:45.73

大河の固定層が離れるのが一番怖い


17: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:44:39.50

>>12
もう離れてるよ


15: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:43:10.44

タイトルからして、大河て今こんなゆっるーい路線なってんのか
じゃないとみんな見ないのか


16: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:43:56.13

スイーツファンタジーコメディ大河


19: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:47:13.30

>>16
しかし、スイーツの中にハバネロが仕込まれているw


100: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 19:02:26.49

>>19
そのハバネロも、政宗辺りの大河と比べたらたいしたことないけどな
普段が甘すぎるから、ちょっと辛かっただけでハバネロと大騒ぎしてるだけというw


107: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 19:55:25.82

>>100
最近の徳川・直政編も既にハードル下がり切った上での歓迎ムードであって
やっぱり冷静にみるとショボいというかチャチいというか・・・だよね
脇役陣は案外悪くない雰囲気なんだけど


21: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:53:55.93

チラ見しかしてないけど、六角精児が良さげだった


22: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:54:31.46

本能寺の変後の伊賀越えがクライマックスなの?
しょぼい戦闘シーンのみでまともな合戦シーンは無しなのかね


23: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 13:56:28.09

前回武田勝頼の生首がチラッと映っていたが、あんな風にそのまんま見せたのって大河ではアレが初めて?


245: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/04(月) 15:40:58.84

>>23
武田信玄で飯富虎正(児玉清)に一生懸命メイクして信玄(中井貴一)とご対面したこともある


24: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 14:02:46.12

太平記で楠木正成が生首で息子と対面。


28: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 14:22:27.87

誰か、直虎のタイトルと元ネタの比較コピペを作てくれないかな
変だなと思いつつも知らないのが多いから

>>24
なるほど
昔もあったのね


44: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:14:47.10

>>24
親父と対面した
楠木正行がのちに
親父倒した足利尊氏と対決


30: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 14:24:07.48

予告くらい真面目にしろよ…


32: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 14:43:17.64

オタイ若者にがんばって媚びてるんだな


34: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 14:50:07.64

題なんてどうでもいいが問題は毎回の戦闘シーンが一分あるか
怪しいてことだろ nhkは大河に予算を一点集中させろ


37: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:04:50.22

マジで直虎は春までにして春から年末まで直政ならよかったのに


47: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:16:52.95

>>37
直政メインになってからは結構面白いのにあと3回しかないっていうw


38: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:06:20.34

このサブタイ、今年来年くらいはいいけど、10年以降は確実に嗤われる。まあそれを狙ってんのかもしれんけど。


41: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:09:39.53

どっちも小さすぎて駄目だろう
謙信玄ですら地方すぎて小者臭がするのに
無理やり女を主人公にするにしてももっとマシなのが
あったろうに


42: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:11:41.64

低俗極まれり
哀れだな、大河も


49: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 15:26:14.88

毎回タイトルがふざけてて面白いな


73: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 17:11:48.57

大河って見る習慣が無いんだけどこの前たまたまチャンネル合わせたら
阿部サダヲと菅田将暉のシーンでちょっと面白かった
それがあってその後も時々チャンネル合わせると菅田将暉のシーンばっかで
今回の大河は柴咲コウが主役じゃなかったっけと不思議に思った
ここ1、2週はまったく見てないけど柴咲コウは出てるんだろうか


76: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 17:31:24.32

>>73
全く出てない
いや、出てたかな?w


77: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 17:32:23.58

信長、部活やめるってよ


79: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 17:34:48.74

何このタイトル
大河はもう少し格式高くやるべきじゃないかね


82: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 17:51:56.67

部活やめるのと訳が違うと思う


103: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 19:33:29.18

過去最低の大河って平清盛で確定なの?
個人的には花燃ゆとかいう奴。
主人公がおにぎり作ってるだけ。


104: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 19:35:59.60

>>103
ここ数年のはまとめてスイーツ大河ってことで最低でいい。


96: 名無しさん@歴史的ドラマ 2017/12/03(日) 18:37:11.29

来年は期待できんのかね



https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1512275506/
引用元:https://mantan-web.jp/article/20171201dog00m200029000c.html

この記事へのコメント